「BABYMETAL」2018年 神戸ライブ体験記

私はライブ参加経験もなくBABYMETALをブログに書くことに、後ろめたさがありました。

ついにライブに参加したので初参加の感想を書きます。

 



 

BABYMETALライブの初参加記録

 

■参加ライブ■

BABYMETAL WORLD TOUR in JAPAN
2018/10/30 PM7:00~
神戸ワールド記念ホール

 

2018年、BABYMETALの国内ライブは5回のみ。そのうちの1回に参加出来たのは貴重な体験でした。

 



 

① BABYMETALライブ参加から帰宅まで

 

・午後1時 自宅出発

大阪に一泊予定でしたが、高速道路で大津まで行き在来線なら日帰りできることを知り、日帰り強行ツアーに急きょ変更。(出発30分前に。何て無計画なんだ)

ということで神戸に出発!

 

・午後6時 神戸市民広場着

唯一撮ったつまらない写真。(着いた頃には真っ暗で撮影不可能。)

 

1.入場時の様子

 

長蛇の列で30分程度で会場入り。

入場時、金属探知機で全身チェック。ベルト以外で感知すると細かく調べる。

続いて「カメラは持っていないか?」と確認された。

「持ってないけどスマホに同等の機能があります」と答えたら。「オッケーです」と。。。いいのか?
 

2.開始前の様子

 

席はステージ向かって右側の前から3ブロック目、上から2列目で比較的悪い位置かな。

といっても正面は赤色のシートで噂ではVIP席らしく、良い席なのかな?ステージの柱が邪魔でモニターも見えないんだが。

私はスーツで行った。みんな着るだろうベビメタTシャツ着る気なし。

読み通りスーツの奴など皆無。

目立てばいい。間違ってmoa metalの目にとまったらラッキーだ。
 

開始前に注意事項を言っていた。

「モッシュ等のお客様に迷惑となる行為は禁止です」

「体調が悪い時は自己責任でお願いします」と。。。

どうかと思う。このアナウンス。形式だけの注意なら言う必要ない。

場内撮影禁止とアナウンスは無かったが、モニターには開始前に表示されていたので、私は一切撮影しませんでした。(遠方まで時間かけたのに開始前に強制退場は避けたかった)
 
 

会場案内の女の子が可愛い。芸能界を目指している方々かな?

※チケットに関する推測

チケット(左) もらえた座席券(右)

事前に席は決定済みで、その場で印刷するだけだと思う。つまり、ギリギリでも遅刻でも関係ない。(前座終了後、開始前に入るのもアリ。)

※チケット番号を隠さないのは、記事が気に入らない時に関係者が私を特定可能にするため。

 

3. BABYMETAL 登場!

 

・20時10分 BABYMETAL登場

サバトン後、30分程度の準備の後、登場!全員立ち上がる。

すでに疲れていて、みんな座ろうよ。とは思ったが立たないと見えない。
 

カラテ、アカツキ、メギツネを同じ日にやるとは意外だ。(感想は後に書き、ここでは軽く)

 

4.ライブ完了! 一路帰宅へ

 

・21時30分~帰宅まで

帰る時にグッズ売り場が見えたが、数人しかいない。入場時もそう多くはなかった。(到着時間が会場オープン後で、一部始終は見ていない)

決して良い状況ではない。

 

 

三宮22時01分発の在来線で11時25分に大津着。車の出発が11時36分。自宅着が12時50分。

限界。運転距離は約130キロ。ライブ見て2時間電車乗って更に運転。こんな危険なことは二度としない。
 

②帰宅後のライブの感想

 

帰宅して熱いうちに感想を。
 

In The Name ofでオープニング。真っ暗の中で、突然の大音量で開始しライトアップ。(音がライトアップより若干先。年輩も多く、そういうのは良くない)

この曲好きじゃない。オープニングはBABYMETAL Death がありがたいんだが。。。 
 

覚えていることを順番気にしないで書きます。

新曲starlight。噂では生で聴くとすごいとか。

私は凄さを感じなかった。(私的にメタル曲じゃないし、ポピュラーソングなら名曲は数知れずあり特別にいいと思わない)

ボーカルは、音を外さず安定感は相変わらずの凄さだ。
 

生で聴けて嬉しかったのは、アカツキとGJ。

新曲、カラテ、メギツネは好きなほうではない。幕張で予想出来たからいいけど。 
 

私はヘドバンギャー、シンコペーション、おねだり大作戦、no rain no rainbow 、tales of the destyniesがお気に入りトップ5だから、まずやらないし。
 

アカツキは生で聴くといいが、すー様のにらみがいいんだがライブだと遠すぎて見えないのだ。
 

GJ はmoa metalが一番前で、落ちそうな位置で下に向かって煽ってて頑張ってた。最前列にサービスしすぎ。(ただの嫉妬か?)
 

ラストのThe One。私には心を通過し知らないうちに終わる曲だが、ライブだと家でDVD 見るより印象に残った。生のライブで聴くThe Oneは悪くない。
 

他の曲は神バンドや他のダンサーが気になったが良く見えなかったし神バンドが表に出ない。
 
 

su-metalは生で聴くとすごいと聞いたが、感じなかった。

自宅で東京ドームDVD を大音量で聴くのと凄さは変わらない。(極めて当たり前のこと言っている気がする)
 

第三のメンバーの位置にダンサー1人固定されてる感じで見習い中に思えるのは確か。 
 

冷静に見たが自分が熱くないんだろう。あまり心にこない。

理由は、メンバーと神バンドの一体感が全く無く、今は私の愛して止まないバンドではないため。

神戸ではバンドの体を成していない。
 

さんざん動画見たスターが生で見れたのに、宝モノがなくなったような悲しい気持ちでした。

road of resistance が生で聴けたのに。。。
 
 

今回のアカツキ。演奏とボーカルがズレてたんじゃない?

ん?何か入りがおかしいって途中で何回も感じた。ボーカルがわずかにバンドより早いのだと思う。変だった。
 
 

実はひとつだけ目標を持ってライブに行きました。

 

その目標は、全く知らない人に声をかけることです。

 

隣の人に声かけました。広島から来たと。広島ライブ見たんだ。いいなno rain no rainbow 聴いたんだ!いいな!って楽しく会話できた。

これが一番の出来事だった。 

 

私、ライブ中の大半を腕組んで見ました。

でもGJ では「One Moa Time」って誰より先に言いましたよ。

まさにmoa metalのための曲ですね。

moa metal見れたのは良かった。GJは心の底から楽しめた。

生moa metalだよ!肉眼で見たんだよ!小さすぎて良く分からなかったけど。

 
 

 

③ 数日経ち、改めて感想 

ライブ自体は良かったですが、もっとメリハリをつけてほしいと感じた。
 

メリハリが無いのは、MC無しノンストップが原因だと思う。

これが結果的にお客さんとの掛け合いがなくコミュニケーションが一方的になっている。

こういうところを工夫するともっといいのに。

 
 

この一年間で彼女らは多くの大切なものを失った。

自ら作り出し風に乗ったのに、自ら風から離れてしまった感じがします。

再び風に乗るのはとても難しい。

でも今は風はファンがおこしてくれる。それに乗るにはファンへの接し方を変える必要があると思います。
 
  
  
 

ライブ参加の感謝

ライブに参加出来てブログに書く後ろめたさはなくなった。(ブログに書くのは自由ですから気にする必要もないけど)

 
チケットはmetal resistanceのCDの中にしまいました。感熱紙だから、いつか見えなくなるのでしょう。
でも、このライブに参加した思い出は心の中から消さない。