(人間関係 その6)なぜ人間関係に疲れるのか?

先日、予測変換先頭にこの言葉が出てきました。

私はこうしたら上手くいくとは書けません。
その方の状態が把握できないのに適切な回答は出来ません。

なぜ人間関係に疲れるの?

私は、当然の事で、逆に疲れない人がいるのか?と思います。
私は家族に対してすら、疲れを感じる時があります。

人間関係に疲れる理由 ⇒ 自分ではない他人と接するから

接する相手は生き方も考え方も違う他人なのです。

疲れて当たり前だと思いませんか?

疲れるのは当然

相手により強弱はあっても疲れて当然です。
しかし疲れるにしても、程々の疲れでコントロールすることは可能だと思います。

疲弊する前に自分をケアしてあげて!

自分の気持ちを適度に解放することは可能なはずです。

例えば、自分だけの秘密の世界を持つことも一つの方法です。
私の場合、このブログも家族や知人は知らない秘密です。(限られた人は知っています)
人間関係の疲れから自分を傷つけ、関係を壊すなど「負の連鎖」に至らないよう、別の楽しい世界を作るなどで自分の心をケアしましょう。

学校や会社の人間関係の疲れの対処

これは例です。自分がその立場なら、こうするだろうと書いています。
実際に精神的に追い詰められた時に同様に考えられるかは分かりません。

ケース1 学校でのいじめ

この場合、私は学校行きません。家で相談して行かない宣言します。
それで、家族が学校に行けというなら、毎日学校行く時間に家を出て行きたいところに行きます。
結果、保護されるならそれでいい。

事を大きくして、周囲を巻き込まないと解決しません。

それでも、あなたが悪いと一方的に言われるなら不幸です。
残念ながら家族も学校も無価値で、そんなところからは去るべきです。
勘違いしないで下さいね。決して死ねとは言ってません。自分の価値を認めてくれるところを探しに行けばいいのです。

ケース2 職場でのイジメ

職場のイジメで疲れた。

その状況なら、会社をやめる覚悟もあるはず。
それなら、やめる前に会社に訴え、対応が悪ければ労働基準局に相談に行けばいいです。
辞めたいほど疲労していたら、精神科に行けば精神疾患と診断されます。それを持って労働基準局に行けばいいのです。(先に会社に見せるべき)
今の会社は会社起因の精神疾患には極めて敏感で、適切に対応しないと非常に会社に都合が悪いのです。
結果的に辞めさせられず、ケアされると思います。
そもそも、イジメがあれば何らか人権侵害で法に触れています。
いくらでも対処方法があります。

イジメではなく人間関係に疲れた

これは難しいですね。
もう一度言います。何故疲れるのか?

相手が自分以外の他人だから

差はあっても、どこに行っても無くなりません。
学校は、近くに住んでいるだけで関わる、自分が望んで作った関係ではない。
会社は、給与を得るためで、会いたくて会ったのではない。
更には、会社は利益追求目的で集まっており、人間本来の愛情を持って接することが出来ない「理想で動けない異質な場所」です。
会社にはいろんな人がいます。私生活で仲良くして、はじめて仕事するという利益追求とかけ離れた人もいます。

本来なら、決して接点持たない人間とも協力しなければなりません。

普通ではない関係があるのが会社で、疲労を回避するのは難しい。

気が合わなくて当然、疲れて当然なので、疲れ果てる前に自分の心をコントロールすることが大切です。

考え方ひとつです

あいつが嫌。あいつがいるからいけないんだ。

と、無限ループしても何も変わりません。

自分にプラスにならないし、関係にもプラスにならない。

自分だけの夢中になれる楽しみを見つけて、気持ちを解放するのは有益です。

考え方ひとつで案外耐えられるケースもあります。
疲れてる場合じゃない。少しずつでも状況改善しなければいけない。
他にも長期的な未来の目標を持ち突き進むことも、今を耐える力になる場合もあります。
ほんの少しの気持ちの変化が新たな自分を創造するのです。

この記事を読んだ人へ。
あなたは私にとって、苦しい時代を共に生きている同志なのです。