今日はフレディ・マーキュリーばかり

ボヘミアン・ラプソディーの記事書いてから、YouTubeでクイーンのライブ映像を見ていました。

いろんなライブ見れるから、前から見ています。

ライブ映像をいろいろ見て感じたことがあるのです。

 

フレディ・マーキュリーはライブでBABYMETAL のように(わざわざ比較する必要ないですが)オリジナルに忠実には歌いません。

わざと外したり音程を下げたりします。

大筋の曲のテイストは損なわない程度で好きにやっていきます。

これも、フレディ・マーキュリーの味でもあります。

 

でも、良く見ていると思うことがあるのですが、フレディが自分の想定外に音を外す時があると思います。

いわゆる、意図的に外したのではなく、外してしまったと感じる時がたまにあります。

でもそういう時は、外した以降をさりげなく戻して、何事もなかったように補正しています。(推測ですけど)

これは、言ってみれば自分の中に外した時にどう修復するか、事前に想定していることを意味しています。

 

瞬時にこれが出来るというのは、超一流のプロの証だと思います。

 

私は、こういう場面を見てフレディ・マーキュリーの凄さを強く感じます。

 

ついでに、さんざんタイトルは書いていながら、ボヘミアン・ラプソディーという曲について書いてない。

 

私は初めてこの曲聞いた時「変な曲」。

以上。

という感じで10年以上印象そのままでした。

1年前くらいに、深夜寝れなくて、ボヘミアン・ラプソディーの和訳している歌詞を見ながら聴き続けたことがあるのですが、実質その時にこの曲の凄さを実感しました。

 

どうでしょうか?約3時間くらいずっと聴き続けたのですが、毎回聴く度に歌詞の印象が変わるのです。

 

歌詞の内容はぶっ飛んでいますが、どのようにも解釈できるのです。

懺悔、現実逃避、生まれ変わり、過去との前向きな決別、孤独、愛、悲しみ、人生の悟り。

と挙げたらきりがないくらい毎回曲の解釈が変わり、ずっと同じ曲聴いているのに、毎回違う感情になりました。

 

確かに、こんなことを感じる曲は他にないです。

ものすごいのでしょうが、ものすご過ぎて凄さが理解しきれないという感じか。

 

結局、十分凄さが分かってないのでしょう。

イギリスで最も売れたシングルですから。ビートルズすら超えている偉大な曲です。

 

寝れなくて困った時に一度味わってみたらどうでしょうか。