ボヘミアン・ラプソディー観賞裏話

ボヘミアン・ラプソディー一色の1日になりました。

映画ボヘミアン・ラプソディーは2018年12月7日に見ました。

実は、当日会社の忘年会があり、1ヶ月前にわざわざ自分が余らせたBABYMETAL の神戸ライブに同行してくれた人に当日誘ったら乗ってきたから二人で行きました。

 

はっきり言って会社でそれほど親しくないです。

数ヶ月に一回会話する程度の人です。

 

BABYMETAL ライブと映画ボヘミアン・ラプソディーで親しくはなったと思います。

 

映画開始まで、一時間あり、ゲームセンターでコインゲームしてたら、相方が終わらなくて、上映開始1分後にゲームセンターを出ました。(メインをないがしろにして何をしているのかという話だ。)

席には5分後くらいに着きましたが、他の映画紹介が長く、始まってなかったので問題なかったけど。

 

中に入る前に「この映画見るのは、隣同士だとホモと思われるから、ズレるわ。」

と、意味不明な世間体を気にする始末。

席が十分空いているから、離れて問題なかったけど。

 

誰が、映画見に来ているのに、こいつらホモじゃないかって気にするんだ?

バカじゃないか?

と言ってやりました。

 

社内では、相手は二階級上の肩書きですけどね。

 

映画の中で聞きたい曲は?

って聞いたら「バイスクール・レース」と。

 

違うだろ!数あるクイーンの曲でそれはないだろ!

そんな曲流れない。

 

とバカな会話しつつ入りました。

 

終わってから、良かったけど、あの曲ないなんておかしい。と。

 

やはり、おかしいのはあんただったね。

 

帰りは、私が会社まで30分かけて送りました。(忘年会の送迎バスをキャンセルさせたから。)

 

帰りの車は盛り上がった。

クイーンの話題は車に乗り込むまで。

 

車の中でBABYMETAL のCD を聴いて、ひたすら神戸ライブの話題とBABYMETAL の曲について。

 

BABYMETAL の最高傑作は「おねだり大作戦だろ。」と自分。

 

「全曲の中でこの曲だけはあり得ない。」

と、全く感性が合わない。

 

「俺たちは、結婚出来ないね。感性が合わないから。」と自分。

 

「良かった。隣に座ったら変態扱いされてたよ。」

 

と、最低に程度の低い会話をしながら帰宅した。

 

最高にバカな会話で実に楽しかった。

 

一人で行くより何倍か楽しかった。

 

会話の内容はともかく、あの映画は一人で行くよりは複数で行くべきだと思います。

 

このバカ記事って。カテゴリー雑記しか無理だよな。

寒い日にバカな記事は、心を更に凍りつかせるなぁ。

タイトル裏話って、東スポ並の詐欺だよね。