(人間関係 その10) 人間関係でマイナスになる言葉

人間関係の中で、マイナスになる言葉で私が冗談でも、使わない言葉があります。

人間関係の中で使ってはいけない言葉

この言葉は使ってはいけないと伝えても、理解出来ない人はいます。本気でいい言葉だと思っている人がいます。

残念ですが、私はそういう人に決して心を開きません。

どうしても分からない人います。

何故、この言葉を使うと相手にプラスになると思うのか?私には分かりません。

その言葉とは。

「頑張って」

ここまで読んで、何で?って思う方はよく考える必要があります。

分かるという方は読む必要がありません。

なぜ人間関係でプラスにならないか

この言葉は、相手に何のプラスも与えることが出来ません。(一部例外的にプラスになる場合はある)

深刻に悩んでいる人に、この言葉を使ったら相手はどう思うか考えたことありますか?

私がその状況でこの言葉を言われたら「しまった。この人に話をしなければ良かった。」と思います。

「うん。頑張るよ。」という言葉を言って、離れます。

分からないなら深刻です。

一生懸命頑張って頑張って、それでもダメで悩んでいる人に、これ以上頑張ることを要求するなんて、大切な人にする対応ではありません。

親しくなくても、普通の何気ない会話で「今日すごく忙しくて大変なんだ。」→「頑張って。」

プラスになると思いますか?

分かりますか?

「頑張って」という言葉は、突き放す言葉です。

私には関係ありません。私には何も出来ません。自分で考えて下さい。と言っているのです。

親しい人はもちろん、親しくない人でも「頑張って」という言葉を使っても相手に自分が役立つ言葉にはなりません。

精神疾患をわずらっている人に使うと症状が悪化すると言われる最悪な言葉です。

相手の気持ちになって考えて下さい

苦しい時に、この言葉を言われると致命的なパンチを受けたような気持ちになります。

私は身の回りでこの言葉を使うのを見ると「その言葉は使うな」と言います。(自分に対してじゃなく他人に対して)

「頑張って」という言葉は、他人の心に入り込んでおきながら、突き放すという、相当ひどい行為なのです。

返す言葉がなく、この言葉を使うなら、無言で一緒に泣いたほうが相手にプラスになります。

私が似た言葉を使うのなら、あまり親しくない関係でやることをやり尽くして相談された場合は、「よく頑張ったね。でも、これ以上頑張らないで。」とか、かなり回答が難しい時は「力不足で私には何もしてあげられない。でも私は頑張るよ。」

などなら、無理やり使えるかな。でも、基本使わないです。

悩みを一緒に解決出来る可能性がある時は「一緒に頑張りましょう。」ですかね。

いずれにしても、危険な言葉で、相手にプラスの影響を与えることはほぼ出来ませんし、関係が崩壊しかねない言葉です。

何気なくこの言葉を使って、相手が距離置いた経験ないですか?

ないなら、相手がいい人なのかもしれません。

この言葉で相手をプラスにもっていける人はすごいです。私の技量では出来ません。

この言葉を使っている人は、十分考えて下さい。

最後に例外的にプラスになる場合ですが、例えば、身内が受験で見送る時ですかね。

入り口まで付き添い、見送ることしか自分にはもう出来ることがない。

「頑張れよ。」

ならプラスに受け取ってくれる可能性があるかもしれません。

もはや何も出来ることがなくなり、最後にパワーを与える時くらいしか使えないです。

それでも、このケースなら私は「まず名前書けよ。」とか「落ち着いてな。でないと実力出せないから。」とか言うと思います。

例外的に人間関係でプラスになるケース

例外的でプラスになるケースがあります。例えば、学校などで相手が好意持っているの知っている相手がマラソンに出る時などに手を握って「頑張ってね」などというケースは、逆に最高の言葉になるでしょうね。(私には、言われる立場も言う立場もなかった)

大好きで大好きでたまらなく好きな人に言われると、精一杯頑張ったはずが、もっと頑張れるパワーにはなるでしょう。

【お願い】この言葉は使わないで

「頑張って」は一部の特殊なケース以外では、マイナスにしてしまう危険な言葉です。

しかも、相手を深く傷つけてしまいかねない言葉です。

だから使わないで。

もし、ここまで読んでも分からないのなら納得です。

自分に言葉で表現する才能がないということです。