(人間関係 その11) 人間関係は無くせない

「人間関係に疲れた」
「うまくいかない」
「嫌な関係をなくしたい」

悩む方は多いと思います。しかし、良く考えて下さい。

人間関係は無くせないのです!

1人で完全自給自足が出来ない限り無くせません

つまり ↓

・いい関係だけを都合良く残せない
・人間関係は関係の一部しか参加出来ない
・人間関係は簡単に排除出来ないもの

グループで力を利用して汚い生き方する人間もいる。いろんな考え方の人がいます。

そんな中で傷つき悩んでいる方もいるでしょう。
自分の参加出来る範囲が限定され、悩みの解決も自分1人では完結しないのです。

人間関係を無くせないなら上手くやる!

疲れ果てるまで悩まないことです。

消せない関係に悩むなら、プラスになる別のことに時間を使いましょう

早めに心を解放することで、嫌な関係も改善することもあります。

疲弊する前に心を守ることも生きる技術です。

無くせない関係が嫌になって自分が消えるのですか?

その前に出来ることがありませんか?
関係悪化の原因が、悩むまで突き進むための場合もあります。
今、悩み傷ついている状態なら自分を責める必要は全くありません。
この先、参加する新たな関係の時に考え方を変えてみたらどうでしょうか。

環境を変えるために自分が去るのは疑問

心を病むくらいなら去るべきだと思います。

人間関係が嫌で会社を変わる人は多いでしょうね。
しかし、変わっても、その場の状況が変わると同じです。

ずっと、あいつさえいなかったら。。。とどこ行っても思うのですか?

自分の心のケアする技術を身につけるほうが得策です

何故なら
「人間関係は無くせない」そして「一部しか参加出来ない」
何故、人間関係に疲れるのか?を私なりに考えた記事があります。良かったら参考にして下さい。
「何故人間関係に疲れるのか」はコチラ

人はなぜ存在しているのでしょう?

私が良く書きますが、知らない人が多いから何回も書きます。

あなたは何で生まれたの?
あなたは何で生きているの?

あなたは、愛されるために生まれたのです

これは全ての人に共通です。
今の環境ではどうにもならない時はあります。
そうであっても、あなたは愛されるために生まれたのです。

いいですか?

あなたは愛されるため生まれ、周りの人も愛されるため生まれたのです。

このことを心に持ち、まず自分から行動しないと幸せになっていきません。

書いたことは基本とする考え方だけ。

参加する関係で自分の出来ることが限られているから、関わり方・心のケアを適正にしましょう。

それしか出来ないのです。他人の心は自分のものではないから。