Chicago 「忘れ得ぬ君に」は何故全米1位になれなかったのか?

 

 先日シカゴについて、記憶だけでダラダラと記事を書いてしまったので、ちょっと調べました。

 アルバムCHICAGO17に収録されている「忘れ得ぬ君に(Hard Habit To Break)」はリアルタイムで聴いていましたが、3位になった当時のことを全く覚えていません。

 

 あの頃は受験が重なり音楽ばかりに夢中になれない時期で、記憶が飛んでいるようです。

 「忘れ得ぬ君に」は名作です。

 

何故全米1位になれなかったのか?

 

 

今更ながら当日のビルボードチャートを調べてみました。

 

Chicagoの「忘れ得ぬ君に」のチャートアクション

 

【1984年11月?のチャート】

Chicago 忘れ得ぬ君に 最高位の状況

 これは納得しました。1位になれない理由が明確です。

 いくらシカゴの「忘れ得ぬ君に」が名曲とは言え、スティービー・ワンダーの「心の愛」を上回るのは無理というもの。

 更に下からプリンスのパープルレインが迫っている。

シカゴの「忘れ得ぬ君に」は名曲だが、争っていた曲はさらに名曲だからやむを得ない。

 

同アルバムのyou’re the inspirationのチャートアクション

 

 ついでにyou’re the inspiration が3位の状況も調べました。

 私は「忘れ得ぬ君に」は歌詞が素晴らしいと思っています。日本にはない素直な表現ですごくいい歌詞です。

 しかし、you’re the inspirationのほうは曲はいいけど、歌詞はありきたり。

 だから私は3位妥当と思っています。

 

【1985年1月のチャート】

You’re the inspiration  最高位の状況

 

 これは「忘れ得ぬ君に」以上に強烈だ。

 マドンナのライク・ア・バージン、更に下からイージー・ラバー。

「忘れ得ぬ君に」以上に悲惨な状況で、むしろ、よく3位になったと思う。

 なんて凄い時代だ。並んでいる曲が数年に一度の名曲ばかり。

イージーラバーは好きだった。

 まさか、当時、シカゴがチャートで争っていたとは。

 シカゴ17のアルバム聴いてたら、満足だったから知らなかった。

 不運な曲たちではあるなぁ。

 

アルバムチャートはどうだろう?

 

Chicago17の最高位の状況

 

 シカゴ17最高位は4位。。。

 

って、当たり前じゃないか!

 ロックの名盤が上に三枚も並んでいる。

 年間チャートではなく、ただの週間チャート。これは凄まじい。笑ってしまう。

 ブルース・スプリングスティーンなんて、全米だけで1200万枚とか売れてたよ。当時のチャートに★12とか見たことない数字ついてた。

ものすごい時代だなぁ。

 ロックの王様や、強烈なカリスマのデビュー名盤にバラードのアルバムが並ぶだけ奇跡。

 上位4枚とも1年半以上チャートインして売れ続ける。昔は当たり前でしたが。

 ブルース・スプリングスティーンはとにかく、しつこかった。

 俺はアメリカに生まれた!って延々と叫んでいるだけで、ずっと1位ってワケわからん。って印象。(ファンの方ごめんなさい。一応アルバムは聴いてます。レンタルで)

 今日調べて良かったかも知れない。ビルボードは1984年までしか見れなかった。明日には1985年までしか見れなくなる可能性高い。

 

 時代をオーバーラップしていたのに知らなかった。デビュー以来いつの時代も上位に割り込むシカゴは偉大です。