たまには楽しくBABYMETAL

 

 私は、BABYMETALに不満があり、あまりいい事書いていない。たまには楽しく書きたいな。

東京ドームのライブまでは、純粋に楽しかったです。

 

 BABYMETALのコンセプトはかわいいメタルだった。

 

 私はメタラーですから、かわいいは要らない。

  

かわいいメタル。。。あっそう。って感じ。

 

今でも考えは変わっていません。

 

私は「楽しいメタル」だと思っています。

 

 こんなメタル、聞いたことない!ってのは楽しいメタルだったから。

 メタルサウンドで、怒りや憎悪などが一切ないというのは、自己の概念にありませんでした。もちろん世界中の人になかった概念です。

 

 メタル聴いて、何だか楽しい。血が沸き、肉踊るってやつが一切ない。

 

 思わず引き込まれたら、ものすごいクオリティーの歌と演奏。

 

それは、多くの人々に衝撃を与えるわな。

 

 感覚としては、セックスピストルズが出てきた時の衝撃と似たものがあります。

 

「何じゃこりゃ!ものすごいもん、出てきたな!」ってやつ。

 

 何気なく、聴いてて「おねだり大作戦」聴いた時に、これは世界取るわ!って思いました。

 海外のフェスティバルで一回だけ披露されているんですよね。

 あの映像は凄い。イヤホンで聴いてびっくりしたの覚えています。

 

このダンスして生歌かよ!

 

 こんなもん、そこら辺のアイドルじゃ絶対出来ないわ。ものすごい実力だ。って思いました。

 

あれは、凄い能力だ。おまけに歌詞がクレイジー。

 

外国人が意味を知って、ぶったまげたというのは良くわかる。

 

 BLACK BABYMETALはものすごい、真のメタルだと思う。

 

su – metal のボーカルは確かに凄い。が、メタルを感じるのはBLACK BABYMETALだ。

 

私は海外のフェスティバルの映像を見るのが非常に好きです。

 

 タトゥーしたバリバリのメタラーが、ドキドキモーニングの三人が寝転んでアップになった画像に明らかに落ちているのを見ると笑ってしまう。

 

 こいつら、かわいいに落ちやがった。ってニヤニヤします。

 

でも私はメタラー。かわいいは要らない。

が、moa metal の微笑みに何度も落ちました。

 

落ちちゃったじゃない。。。moa metal の意地悪。って何回思ったことか。

そして、東京ドームのDVD 見ていて気付くのだが、ほとんどmoa metal を追っている自分。。。

 

私はメタラーじゃないんだ。

 

かわいいいいんだ。。。

何がかわいいは要らないだ。馬鹿か自分。

 

moa metal が微笑まなかったら、自分はメタラーじゃないとか悩まなかったのに。

 

moa metal は罪な女性だ。

 

 だから、自分を許すしかない。たまには、かわいいもいいか。って。

 

 いつしか、moa metal ばかり気にしてたらCD聴いててもmoa metal がどこを歌っているか、分かるようになってきた。

 

恋かな?違う違う!俺はメタラーだ。

 

日々悩ませるのだ。

 

 でも私は、今は理解している。moa metal は地球上で初めて、メタルをやりつつアイドルも両立させた。これは、世界唯一の歴史的快挙なのだ。

 最初のコンセプトのメタルとアイドルの融合を実現したのは地球上でmoa metal ただ1人。

だから、落ちてもいいのだ。自分はメタラーと言っていいのだ。

 

  moa metal は名古屋なのかな?今は越したのかな?間違ったら、1ppm くらいの確率で会うかも知れない。

 

小心者ですから、見かけても声はかけない。(「キモっ!」とかいわれたら悲しいし。)

BABYMETALを楽しく書いたって?おいおい!moa metal 書いてるじゃん。(名古屋弁か?)