su – metal の凄さを堪能出来るライブ

 BABYMETAL のsu-metalはいつも凄いのですが、たまに、振り切れ「ものすごい状態」になる時があります。

 

su – metal (中元すず香さん)の凄さを感じたもの

 私がsu – metal の凄さというか、凄まじさを感じた場面について書きます。私はブログであまりsu – metal のことを書かないのですが、凄さに慣れてしまったのもあると思います。

 

最大は、アカツキunfinished ver

 su-metal、yui metal、moa metalの誕生祭legend 1999/1997(タイトルに自信なし)のライブDVD に収められています。

 

 相当初期のライブで東京ドームライブなどで目が肥えた自分には物足りない。また、この時は観客の雰囲気を見てもアイドルでしかない。

 確か、神バンドが生演奏するようになった最初のライブだった。(ライブ途中から神バンド登場)

 

 このアカツキのunfinished ver だけは別格で、ただの誕生日を祝うアイドルイベントが、突然この曲だけ異次元レベル。

 凄いとか、ものすごいとか、超すごいとか、そんなレベルではない。

 

 世界トップクラスのパフォーマンスを1曲だけ突然している。

 

 DVD 見たら分かるけど、アイドル見たさに騒いでた観客が、この曲では完全に言葉を失っている。

 

 曲の大半を正座して歌い、泣きながら歌っている。。。

 

 私は、見た時に泣いた。凄すぎて涙が止まらなかった。

 これはホンモノを見た時にしか起こらない感情。これを見た時点ではBABYMETALのファンではなかった。(YouTubeで偶然見た。)

 いかなる時も、ガンズのアクセルを崇拝していた自分は、よほどの凄さがない限り心奪われることなどない。

 その自分をsu – metal はアカツキunfinished ver で落としてしまった。(落としたけど、メタルと認めていない。メタルと認めさせたのは、おねだり大作戦)

 su – metal は凄まじいなぁ。。。だから、ガンズは一緒に写真撮ったんだ。。。

 そう思った。

 うーん。。。と納得出来ず見ていた自分を認めさせた。

 こんな凄いなら、仲間に入れさせていただきます。と素直に受け入れるきっかけとなりました。

 

 ちなみに、アカツキのunfinished ver のCD 音源を聞いたけど、全く凄くない。正直なんだこれ?って思った。(かなりひどい出来)

 

 ライブではまるで違う圧倒的凄さ。

 歌い手として、su – metal は世界トップクラスに16歳でなっている。

 


続いては武道館で凄さを感じれる場面がある

 凄さを堪能した2つ目は武道館の2日目の「no rain no rainbow ・アカツキの連続披露」

 両方の出来がそもそも、かなりいいのに連続披露。

 no rain no rainbow らしからぬ衣装で非常にいいもの見させてもらって、そのままアカツキに入っていく。

 披露する側で考えたら、バラードから音域トップギアまでいくハイテンポの曲の連続は相当難しいだろうと思う。

 これは、真の実力者じゃないと出来ない。見た時に非常に驚いた。

 YouTubeでは絶対に分からない。武道館のライブDVD を見ないと2曲連続の圧巻は決して分からない。

 

 また、武道館ライブでは、悪夢の輪舞曲を披露していますが、この曲むちゃくちゃ難しいらしい。

 CD 聞きながら、自分で歌ってみたら分かります。暗記するくらい聞いても同じリズムで歌えない。音楽かじっている人に言わせると、この曲を正確に歌うのは、すごい難易度だそうだ。

 これを、ライブで狂いなく歌うのは実力者の証。しかも、何故かダンスがノリノリでちょっと不思議。

 

 ニコニコ動画で神バンドの誰かが演奏は出来るけど、よく歌うなぁ。って言ってた。当時は神バンドに対する言論統制は緩かった。)

 


そして東京ドームは全て凄い

 完全に一流アーティストになってしまっている。このライブを生で知らずに見たら、生命の危険すらあるくらい凄い。

 BABYMETALを知った頃に誰かのブログ見たら、東京ドームライブで隣の女の子が1人で見に来ていたようだが、あまりの凄さに震えていた。というのを見た。

 あの東京ドームライブを事前知識無しで見たら、自分でも同じ状態になるかも知れない。知らずに見るなんて無謀だ。

 

 残念ながら、現在のところ、あのライブが最高のライブだったということになっている。

 

 彼女らの良さはYouTubeで一部見ているだけでは完全には分からない。

 YouTubeで単発見ても凄いが、ライブ映像を通しで見たら何倍も凄い。

 

 su – metal は、かわいいとか、綺麗とか、凄いスタイルとか、そんなことに意識いかないくらい凄いパフォーマンスをする時がある。

 

 su – metal の凄さは『男前!』ってやつ。

 アカツキunfinished ver は、とにかくものすごい。

 

 ただ、アウェイのフェスティバルを見るのが一番凄さは分かる。誰も知らない中でやっているのに観客が引き込まれてしまう。誰も乗ってないのに、1人でたのしそうにライブやるsu – metal 。これは凄い。

 

 世界一流のアーティストでも、出来ない人はいるでしょう。

 足が震えるとかないのかな?ないよね。ソニスフィアで笑ってるんだから。

 プロデューサーが、これは本格的にヤバいところに連れてきてしまったなぁ。って思ったそうですから。

 

 プロデューサーすら予測不可能な凄さ。

 男前以外浮かびません。

 


 

 昨日、YouTubeでno rain no rainbow をひたすら見てたけど、この曲は悲しい曲なのか、前向きな曲なのか。。。ずっと悩んじゃった。

 心の闇をひたすら表現しているだけのようにも感じた。

 パクり曲なのは確かですが、この曲の出来は、やはりいい。

 異端の曲だとも思った。が、私には、この曲無くしてBABYMETALの価値は成り立たない。

 私にはアカツキのunfinished ver とno rain no rainbow を見れただけで十分。この先落ちぶれようが解散しようが、これらを作りパフォーマンス見せた。

 この凄さは消えない。

 

 自分が幸せになることに時間使ってもらいたい。

 輝かしい実績はともかく、まずは幸せに生きていくほうが大事。ホンモノは演じるものじゃない。自然に出てくるもの。

 特にBABYMETALは、幸せじゃないと成り立たない。

 楽しいメタル、幸せメタルだからね。

 BABYMETALはダークや影があるほうが糧になるものではなく、幸せに生きてはじめて成り立つ。

 

 しかし、死ぬまでに一回くらい話してみたいな。

 会ったことはあるから(いい方が悪い。ただライブで見ただけ)

 

 まあ、話したら逆に人生終わって死ぬような気もする。一生の運使い果たすでしょうね。

 

 始まりは崇拝するアクセルと写真撮りやがって、気に入らない!というジェラシーからだったのに。こんな実力者だなんて思ってなかった。

 知らないって不幸だ。だが、ここ数年は知ったせいで不幸だ。今を続けないで。

 やめるか、生まれ変わるか。とにかく変わって。同じことを続けるのは退化を意味する。

 まだまだホンモノは一部だけで、まだ不完全だ。