実はBABYMETALの名古屋ライブで一度も触れなかったけど

 名古屋ライブで披露された曲がある。(どうも名古屋のみのようだ)私は書くことをためらっていました。

 

 シャイニング・スター(自分が勝手に命名)という曲。

 

 moa metal がアコースティックギターを弾いている。(実際は弾けるけど、弾いてないはず)

 大事なのはギターを愛しそうに撫でている。

 

 私は、藤岡神への想いを歌にしたと思っている。

  

 

 非常に嬉しいけど、披露する前に言葉で想いを伝えてほしかった。

 それがなく、この曲というのは人間として好きな行為ではない。

 

 そんなことを望んでも、2年近く経ち今更いい。

 

 藤岡神への想いの歌じゃないのなら、私にはどうでもいい曲だが、これは藤岡神を歌った曲。

 ギターを中心に置いて違う訳がない。

 

 何回も見て、言葉にしろという気持ちはなくなった。

 BABYMETALなりの気持ちを歌で正式に名古屋ライブで伝えたのだ。

 

 だからいい。

 

 遅すぎたけどね。藤岡神を失った深い心の傷を、BABYMETALはフォローしなかった。(本人たちのほうが苦しかったでしょう)

 

 この件でファンを大切にしたとは言えない。これは、ずっとファンにもBABYMETALにも傷として残るのかもしれない。

 私は約1ヶ月立ち直れなかった。多くのファンが去ったきっかけでもあると思います。

 

 新しいファンは増えているが、去ったファンはそれほど戻っていない感じがします。

 BABYMETALの音楽が聞こえてくると嫌な気持ちになる人はいるだろう。こんな気持ちにしたことは戻せない。次があるのは嫌ですが、その時に同じ行動はしないで。

 

 ずっと気になっていたが、触れるのが嫌で聞いていたが、昨日・今日何回も聞いて納得した。

 

 BABYMETALありがとう。

 

 この動画は、映像も含めた完全版はYouTubeでは見つけられないです。

 

 moa metal のダンスとsu – metal のボーカルが藤岡神のためだけに使われ、そして、三人ではなく唯一二人でやっている意味。

 

 決してヒットする曲ではないが、metal resistance 以降で一番心に来た。

 

 名古屋ライブに行ったかライブビューイング見た人しか、この曲の本当の心は分からないと思う。あの音響とあの雰囲気はDVD で見ても完全には伝わらないのではないか?

 あの場を共有した人しか後にDVD で見たとしても完全には伝わらないでしょう。(見ないと分かりませんが)

 

 

 藤岡神をずっと大切に、共に生き続けることが歌を通じて伝わった。

 

 今日納得したから、書きました。

   

  

 悲しみと、感謝と、入り交じって自分の感情が良く分からない。非常に心に痛い、触れたくない曲。でもBABYMETALにもファンにも宝物。

 藤岡神への想いをBABYMETALと共有出来たのは事実。

  

 

 とっても悲しい。でも生きていかないといけないから、いい思い出にして、決して忘れず大切にしていく。

 

 名古屋ライブは、全く見えず、集中も出来なかったが、この曲だけは何とも言えない感情が出た。

 個人的にはあの2回だけの披露でアルバムにも入れないでほしい。

 何故、名古屋のみなのか。分からない。moa metal の強い希望なのか。。。

 

 言葉にするのは、なかなか難しくい。