ピアノの曲が一番好き①

 私はピアノの曲が一番好きみたい。

 ピアノの曲で一番はあれに決まっているのですが、敢えて書かない。

 一応、カテゴリーを個別に設定しない変わりにタグで「ピアノ」で統一しましたので、記事下部に「ピアノ」って書いてある部分をクリックすると、このシリーズは全て見れます。

 

 ピアノの曲で好きな曲について書きます。

 1回目は、デビー・ギブソンのlost in your eyes

 

 この曲をあの年齢で作詞作曲して歌うなんて天才と思いました。

 その後は、あまり人気を得られず続かなかったです。

 

 この曲はいつまでたっても色褪せない。

 自分で作曲するということは、自分の声の一番優れた部分を活かすことが出来るから、ボーカリストは作曲出来ないとダメだと思う。

 

 当然ながら自分でピアノ引いて、当時は凄い才能だと思いました。

 

 人気はティファニーと争っていたけど、アーティストとしての実力は圧倒的にデビー・ギブソンです。

 全米1位になったと思う。

 歌詞はあの年頃の女の子のラブソングでありきたりではある。曲のメロディーは素晴らしい。

 確か16才だったかな?ルックスも悪くはない。

 今でも、細々活動しているみたい。

 アメリカって才能ある人なんていくらでもいる。そこで抜けるには運もタイミングもないと無理。

 

デビー・ギブソン lost in your eyes

 

 ピアノの曲の好きな曲のひとつでした。