BABYMETALのアメリカライブで盛り上がっているようだが

 私は全く盛り上がっていない。マジソン・スクエアー・ガーデンでいつかライブを。とか。

 

 私からしたら、マジソン・スクエアー・ガーデンなんか名誉でもないだろうと思うのだが。

 

 キャパは小さいけど、名誉ならカーネギーホールだと思う。

 

 このホールにふさわしくなければ使わせてもらえない。

 

 今のレベルでは遠く及ばない。

 

 カーネギーホールでメタルって。まあまああり得ない。

 

 ただ、やっぱりアメリカなんてどうでもいい。相手にする価値ない。

 

 クイーンは、アメリカで受けが悪かったからアメリカはずいぶん避けていた。

 

 無理にアメリカ意識しないで、ヨーロッパで十分人気あるからヨーロッパ大切にするべきだと思う。

 

 何だかパッとしない。自分のせいかな?

 ワクワク感まるでなし。雑誌の日本語訳を読んでしまったためか、嫌な面を改めて見せつけられた気がする。

 

 二人が成長したから、任せているように言いながら、かごの鳥状態なの分かってしまうし。

 

 何だろうな。広島のライブのファンカム映像見た時に、ピーク過ぎて下り坂が始まっているって感じたのって正しかったのかな。

 この人たちは世界取れるって思ったけど、今は思えない。

 BABYMETALより世界取れるって思ったのはSPEEDだった。

 世界にいよいよ出ると思った瞬間に解散発表した。

 解散後は各個人が無残すぎるけど。

 SPEEDが世界とってもKPOPの類みたいでダメになっていた気はする。でも、あの瞬間の予感はBABYMETALより上だった。

 

 なんかこぢんまりしてしまったなぁ。

 いつまでも、凄い状態は続かない。

 

 二人が不幸にならなければ、何でもいいです。

 ステージ以外では、らしさが全くないのに、どうやって世界取れるのかイメージ湧かない。

 

 海外の音楽雑誌は、さすがに鋭い。読み物としては一番面白かった。

 あのインタビューを読んだ自分の感想は変なのでしょうが、自分が感じたことなので。

 まず、広島で追い風が止まったと思っていたのが、ついに逆風が吹き始めたと感じました。

 そして、例えが変なのでしょうが、BABYMETALが燃えている家を一生懸命消火しているのですが、プロデューサーの指示で炎の大きいのをみんなで消している。ところが、家の構造を支えている柱から煙が出始めているのに全く気付いていない。

 あ~あ。ダメだな。これは。

 こんな感じでした。第三者的に見えてしまった。

 この感覚は今までなかったから、自分でもショックだった。

 自分の感性が間違っているのかと思ったので、ふとPA PA YA のYouTubeの再生回数を見てみたら、ほぼ止まっている。

 アメリカでツアー中で再生回数がむしろ減った。

 アメリカライブなどは2000人規模なので見る人が圧倒的少数派。

 アメリカライブでアメリカには火がついていないだろうことが想像つく。

 逆風を吹かせたのもBABYMETALだろうから仕方ない。

 

 インタビューの内情までバラされて。何も変わってないことが分かった。

 

 しょうがない。ファンであって信者じゃないから洗脳もされてない。

 藤岡神の件、メンバー脱退の件で去らなかった自分。変わらないなぁって冷めて見ている。

 つまり、第二期大量離脱タイミングなのでしょう。

 

 今のところ離脱してはいないけど、離脱する時は宣言もしないで静かに離脱します。

 

 最近、意外と離脱している人多いみたい。気持ちは分かる。

 

 ファンを大切にしてたら、こんな行動しないよな。ってことが多すぎる。

 楽しいってないなぁ。最近は。

 私はyui metal 脱退って、あまりショックなかったのです。あの間のウダウダが不愉快だっただけで。

 何かを望む自分の思考がダメであって、変わらないといけないのは自分。

 こんなこと書いても誰も見ないし、共感もしない。間違いない。

 

 と言いながら、案外同じ気持ちの人がいたりして。

 

 ただ、書いても誰もプラスになりそうもない無価値なものなのは分かります。