ラグビーのワールドカップが始まった。

 ロシアに快勝したようです。

 

 私は、今回は一勝も出来ないと思っていました。

 

 ロシアに勝ったから、まあ残りは応援しますが、負けたら負けたでいいかと。

 

 ラグビーは四年前の南アフリカ戦で歴史を作ったから、あれを超えることはないかもしれない。

 

 ラグビーは、固い競技で上位チームに勝つことは稀です。

 

 まさか、優勝経験のある南アフリカに勝ってしまった。

 

 ジャイアントキリングというらしいけど、正にやってはいけないことをやってしまった。

 

 南アフリカ戦は最後の15分くらい、ミスなく攻撃し続けている。一度も南アフリカにボールを渡すことなくプレーが続く。

 これは実力が無かったら決して出来ない。

 あの有名な試合終了前に南アフリカがファールし、キックを選ばずスクラムを選んだ。

 

 世界の常識では非常識でグループリーグで引き分け狙いは当たり前。

 

 それを勝ちに行った。

 あのスクラムを選んだ時点で全世界が日本の味方になった。

 

 スクラム開始時にはロスタイムになった。つまり、プレーが一度でも切れたら即終了。

 ノックオンも出来ない。反則したら終わり。

 スクラム選んだ時点で負ける可能性は90%くらいにはね上がったと思う。

 

 すごいことするな。この大舞台で。

 最高にカッコいいよ!

 

 そして、ついにあのトライ。

 

 奇跡であり、実力もあの日は上回っていた。

 ロスタイムにスクラム選んで、トライして逆転勝ちというのが最高です。

 

 未だに見て泣きますから。

 

 あれは、自分のスポーツ見た中で最高の瞬間でした。

 

 確か、ハリーポッターの作者が、こんなものを物語で書いたら、ドラマだと白けてしまって書けない。と言っていた。

 

 如何にあり得ないことをやってしまったかということです。

 

 BBC が、トップニュースにしたはず。史上最大の番狂わせ。って。

 

 ラグビーの衝撃的出来事で、文句なしで1位になっている。

 

 強いチームになり、いつか世界一になるかもしれない。

 けど、あの衝撃を超えることはない気がする。

 

 映画化できるレベル。

 

 それまで、ラグビー日本はジンバブエかどこかに1勝しかしたことなかった。2勝目が南アフリカ。

 

 グループリーグで3勝もしてしまった。3勝して決勝リーグに進出出来なかったのは初めてだったような気がする。

 

 とにかく、あり得ない。またYouTubeで見よう。

 

 あんなに熱いものはない。