明日はラグビーは南アフリカ戦です

 クソ野郎スコットランドに失望したものの、気になるのは事実。

 

 スコットランド戦は後半から結果的に見ました。(私は重要な司会があり、帰ったら奥さんがテレビつけやがった。)

 従って、リアルタイムでは、後半の最初のトライしか見ていません。

 

 あのトライの瞬間「ざまーみろ!」って感情でした。

 

 こういう心でラグビーを見るのは失礼だと思っています。

 あの試合はよく勝ったと思います。点差は最小限ですが、実力は大差だったと思います。

 何故なら、審判が理不尽なくらいスコットランドびいきの判定していました。

 それでも勝つというのは相当な実力差だと思います。

 

 とりあえず、私の心は浄化されたわけで、南アフリカはラグビーを見る人間として許される気持ちにはなったでしょう。

 

 私は、正直負けてもいいと思っています。前回勝ったし。

 でも、結果的に日本は勝ってしまう気がします。

 

 何故か?

 

 今日の日本ラグビーを作った原点となった、平尾誠二さんの命日だからです。

 チーム全員がそのことを言わなくても理解している。

 この10月20日だけは、ラグビーをやる人間には特別な日なのです。

 通常以上の力がプラスされるのです。

 

 こんな日に負けることは許されない。だから勝つでしょう。

 

 もし、負けても平尾さんは笑って見るでしょう。

 

 「勝つか負けるかなんて、神様が決めることで、自分の出来ることを一生懸命やって楽しめばいい。」って平尾さんは生前に語っています。

 

 この日だけは、日本ラグビーには特別な日なのです。

 それは南アフリカには決して理解できない。

 何で、こいつら凄まじいんだ。って感じるでしょう。

 

 私にとっても、明日の試合は特別です。最初から最後まで、大差で負けようが見ます。

 

 この先もずっと続いていく、通過点ですが、明日は特別な通過点だから。

 平尾さんが代表選手に召集した、ジョセフさんがヘッドコーチ。

 きっと素敵なすごいものが見れるでしょう。

 

 平尾さんの弟子たちの活躍を見たい。

 ずっと平尾さんが目指していた世界に通用するラグビーを実現したのだから、明日は結果はどちらでもいい。思い切り楽しんで、楽しませてもらいます。

 

 平尾さんがいかに素晴らしい実力、才能、リーダーシップ、人格を持っていたのか、関わった人は皆知っている。これはすごい力です。

 明日は相当すごいはず。