2019年のBABYMETAL

 今年があと二時間で終わる。今年のBABYMETALについて少し書きます。

 まず、私は今年BABYMETALへの興味は大幅に低下しました。

 名古屋ライブから1ヶ月くらいたったころからほとんど聞かなかった。

 深く傾倒していた時代が終焉を迎えました。

一時的にサードアルバムを購入したため、見聞きしたものの、以前の気持ちはもうなかった。その代わりBABYMETALに不満もあまりなくなり平和な日々になりました。

 

 まあ、そんなことはいいとして、今年最高のライブはグラストンベリーのフェスティバルで間違いない。

 あそこまでの出来は久しぶり、非常にいいものを見せてもらいました。

 未だにあの映像だけは見ます。

 その代わり、アメリカライブが全くダメ。見ていられなかった。

 

 グラストンベリーがずっと続くと思っていた。アメリカに行ったら違った。これで自分は関わりかたが変わった。

 

 サードアルバムにshine という曲がある。アメリカのフォーラム以降、比較的披露されている。が良くない。

 私が唯一今年BABYMETALのライブに行った名古屋ライブの初日のshine は別格だった。あのライブが100だとしたらフォーラムは1くらいの差がある。

 BABYMETALの初披露の場に自分がいたというのは感慨深い。

 普通ライブは回数やると良くなるけど、shine については初回の名古屋ライブが別格。あれは、最高というか、すごいというか。何だったのか?

  

 とにかく、あのライブのshine は別格だった。

 何故別格か。それは言わない。BABYMETALらしくない粋だった。

 今年のBABYMETALはタダで見れるものが多くあり珍しかった。

 例えば、サマーソニックが台湾フェスティバルがライブ配信された。

 無料配信のものはろくでもないものばかりで、むしろ印象を悪くした。極めつけで年末のTV 。

 全部、無料配信しなければ良かったのに。

 結局はファンカムのほうが出来がいい。

 名古屋ライブの初日は相当出来が良かったのではないかと思うけど、目の前でぐるぐる回る、ばか野郎どもが邪魔で見ていなかった。

 だが、ぐるぐる回る奴が悪いんじゃない。運営サイドが形式だけ人に迷惑となるモッシュ等は禁止です。と言って何もしないからだ。

 私は二回ライブに行ったが二回とも楽しくはなかった。

 今年わかったのは、BABYMETALのライブは行くものじゃない。ライブDVD を見るものだ。

 二度とライブには行かない。

 今年理解出来たこと。

 名古屋のDVD は、最終的には入手するでしょう。会員として買うわけではなくね。

 需要と供給で価格は決まる。

 来年今の価格でライブやDVD は成立しないと思う。

 今の半額程度が妥当だと感じる。

 無料配信のグラストンベリーと名古屋ライブ。この2つは秀でていたと思った。

 

 moa metal の扱いが悪すぎる。

 来年は静かに応援します。

 従ってブログも変わりますね。

 まあ、いい付き合いかたが見つかりました。自分には良かったです。

 ピークは過ぎたのかもしれない。

 再びピークを超えるのは困難だと思う。

 一年の最後にBABYMETALに時間使って良かった。