ラグビー日本がティア1に昇格って。

 有料記事でしか今は見れない。

 

 正直驚いた。前回の南アフリカ撃破の2勝1敗、今回の全勝で決勝トーナメント進出。

 ティア1にはなって不思議ない実績ですが、正直、次に決勝トーナメント進出して昇格すると思っていた。

 

 日本ラグビーは相撲で言えば横綱になるわけで、常に強くないといけなくなる。

 チャレンジャーとして挑むのとは違うレベルと考えると、やや早いとは思います。

 

 明らかにラグビー協会の利害が一致したからでしょう。

 

 誰もが自国の次に応援するのは日本と言うくらい、日本ラグビーはピュアで奇抜で基本に忠実。

 弱そうなのに、凄い勝ちかたして魅了する。

 

 素行不良のスコットランドを木っ端微塵にした。直前にランク1位だったアイルランドには点差は僅差でしたが、内容は圧勝だった。

 

 今回のティア1は日本ラグビーに幸せをもたらすのか?

 自分はあと四年欲しかった。そう思った。

 

 とはいえ、蔑視されているアジアがティア1に入るなんてことは、タブー中のタブーだ。

 決してあってはいけないことを日本はした。悪い伝統をぶち壊したのだ。

 ティア1は実力だけでも、金積んでもなれない。ラグビーの歴史すら問われる。

 幸い日本ラグビーは100年の歴史があり、その点はクリアできる。

 

 今回ティア1に届いたのは、試合の成績が良かったのに加え日本のワールドカップが過去最高のものになったからでしょう。

決定した時に、だれもが失敗する。収益は期待できないと言われ、結果的に過去最高。誰もが幸せになった。

 

 今日のこれを作ったのは、平尾さんの心だ。4流を生涯かけて1流にしたんだ。

 

 簡単にはなれない、普通はなれないものを手にした。

 手放さないようにしてほしい。

 欲言えばスコットランドを降格してほしかった。

 

 しかし、このタイミングでこんなニュースが出るとは思わなかった。

 生きていると不思議なことがあるものだ。